八浜町並み保存拠点施設
( 旧 藤 原 元 太 郎 邸 )
 この建物は、旧八浜町長、衆議院議員などを務めた藤原元太郎の旧宅で、八浜地区における代表的な伝統的建物です。
●開館時間 午前9時〜午後9時 (ただし、観覧は午後4時まで)
●休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
●所在地 玉野市八浜町八浜983番地(地図リンク)
●お問合せ 八浜町並み保存拠点施設 電話(0863)53−9977
玉野市建設部都市計画課 電話(0863)32−5538


八浜町並み保存拠点施設見取図

玄関 資料展示室
    
土間 井戸
 
     
藤原元太郎翁寿像
離れ
 この像は、藤原元太郎の功績を讃えるため、昭和二十五年に現在の八浜中学校校庭に建立されたもので、拠点施設の整備に併せ移設したものです。陶製の立像と共に、同氏の経歴・功績などが記されています。 (会議室・休憩室)
   
八浜の歴史・町並み
 八浜の町は、児島個に面し、多くの社寺群が集まる両児山の東に位置し、地区内には、かつて港でもあった元川が流れ、東に金甲山、南に大乗権山に囲まれ、落ち着いた風光明媚な環境の中にある。また、早くから瀬戸内海における重要な航路の拠点として位置付けられ、十五世紀前半には集落の形成が始まったといわれている。
 児島湾の存在は、港の機能だけでなく、漁業にも大きな恩恵を与えた。特に、明治期以降には、ハイガイの養殖産業が八浜に大きな富をもたらした。また、元川の水運を利用した酒造や醤油の醸造業が繁栄し、近代には繊維・縫製産業も興った。
 八浜には、こうした歴史的な環境と、明治初期から昭和初期を中心とする町屋や、土蔵からなる伝統的な町並みが維持されているとともに、復活した「だんじり」など多くの独特の文化が蓄積されている。


八浜町並み保存拠点施設周辺図このページを閉じるこのページの先頭へ

Copyright(C) 2005 Tamano City Tourist Association. All right reserved.

藤原元太郎翁寿像 藤原元太郎翁寿像 玄関 資料展示室 土間 井戸 離れ 藤原元太郎翁寿像 離れ(会議室・休憩室) 玄関 土間 資料展示室 井戸 ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル 玉野けいりん 玉野市 玉野海洋博物館 おもちゃ王国 深山公園 イギリス庭園 道の駅みやま 岡山県渋川青年の家 玉野スポーツセンター お問合せ