干支にちなんだ海の生き物「うみのうしはちいさいよ」(このイベントは終了いたしました)

毎年恒例となっている年末年始企画で、今回は来年の干支、丑(うし)にちなんだ海の生き物を展示します!!
ウミウシのなかまは、鮮やか色のものが多いため「海の宝石」とも呼ばれています。
様々な色のウミウシなどを展示していますので、どんな海の宝石がいるのか、渋川マリン水族館へ行ってみよう♪

基本情報

開催日
2020年12月17日 (木) 〜 2021年01月31日 (日)
開催時間
9:00~17:00
開催場所
渋川マリン水族館
住所
岡山県玉野市渋川2-6-1
アクセス
電車
岡山駅から(JR宇野線宇野駅行き) 宇野駅まで約50分。宇野駅から特急バスで約20分
バス
岡山駅から特急バス(瀬戸内マリンホテル行き)で瀬戸内マリンホテルまで約70分
岡山市街から約70分
駐車場
1000台無料 ※夏季のみ有料・普通車1000円・大型車2500円・二輪車500円
入館料
大人500円(15歳以上)(15歳の中学生は含まない)
小人250円(5歳以上15歳未満)(15歳の中学生を含む)
年間パスポート
大人1,200円
小人 600円
ペア1,600円 (大人・小人各1人のペア)
開館時間
通常/9:00~17:00(入館16:30まで)
海水浴期間中/8:30~17:30(入館17:00まで)
休館日
水曜日※祝日の場合は、翌日が休館日
ウミウシの仲間
頭の触角が角、体の後ろにあるえらがしっぽに見えるところから「ウミウシ」と名前が付いています。鮮やか色のものが多いため海の宝石とも呼ばれ、カイメンを餌にしています。
ウシノシタのなかま
牛の長い舌のように見えるところから「ウシノシタ」と名前が付いています。岡山県でよく煮付けなどで食べられているゲタ(シタビラメ)と同じなかまで、展示しているものも玉野市の海でとれたものです。
公式・関連サイト
渋川マリン水族館
お問い合わせ
0863-81-8111

アクセスマップ

このイベントの掲載者

渋川マリン水族館

海をテーマに昭和28年に開館した歴史ある博物館で水族館と陳列館からなる水族館です。大小34個の水槽に、瀬戸内海の種を中心とした日本各地の海洋生物、約180種2,000点を飼育展示しています。

  • 706-0028
    岡山県玉野市渋川2-6-1
    • TEL 0863-81-8111
    • FAX 0863-81-0108