玉野の唄の歴史

玉野踊り(NO.1)「花咲く玉野」詳細・試聴

 唄:水前寺 清子 制作:昭和45年(市制30周年) 歌詞

閉じる
花咲く玉野

1.揺れるマストに カモメが群れて
  送り迎えの ドラの音
  青い火花に ドックも暮れて
  玉野 日本の船どころ
  ラランラ ラララ ララ
  玉野日本の 船どころ

2.朝は浜風 潮風そよろ
  夜は松風 恋の嵐
  山と海との 恵みをうけて
  玉野 日本のパラダイス
  ラランラ ラララ ララ
  玉野日本のパラダイス
  王子が岳から見下ろせば ヨイトサ
  瀬戸の浪間の真帆白帆 ソレ
  そうだ そうだ ヨヨイノヨイ

3.霧の晴れ間に 咲く紅つつじ
  意気と若さの 色も濃く
  かざす文化の かがり火もえて
  玉野 日本のパイオニア
  ラランラ ラララ ララ
  玉野日本のパイオニア

4.海の幸なら 鯛えびさわら
  山の幸なら 密柑梨
  うまい空気が おまけの土産
  玉野 日本の別天地
  ラランラ ラララ ララ
  玉野日本の別天地
  王子が岳から見下ろせば ヨイトサ
  瀬戸の波間の真帆白帆 ソレ
  そうだ そうだ ヨヨイノヨイ

玉野踊り(NO.2)「玉野いきいき音頭」詳細・試聴

唄:岸 千恵子 制作:平成2年(市制50周年) 歌詞

閉じる
玉野いきいき音頭

1.海はキラキラ 白波踊り
  四国通いの船がゆく
  虹の彼方で金甲山が
  今日も笑顔で呼んでいる
  玉野いきいき しあわせ音頭
  みんな輪になれ みんな輪になれ 花になれ

2.瀬戸の大橋 大槌小槌
  夢が広がる 王子が岳
  海と山との 恵みを授けた
  ここが故郷で良かったね
  玉野いきいき ふるさと音頭
  みんな輪になれ みんな輪になれ 花になれ

(間奏)

3.男ばべなら 女はつつじ
  揃い咲きする 十禅寺
  恋の渋川 しあわせつなぎ
  空でカモメも ひと踊り
  玉野いきいき ふるさと音頭
  みんな輪になれ みんな輪になれ 花になれ

4.瀬戸の夕陽と 情けの深さ
  時代は移ろと いつまでも
  のぼる朝日に 願いをこめて
  夢ははるかな 二十一世紀(にじゅういち)
※ 玉野いきいき しあわせ音頭
  みんな輪になれ みんな輪になれ 花になれ

玉野踊り(NO.3)「かっからか」ニューバージョン詳細・試聴

 制作:平成10年 

「港玉野ぶし」詳細・試聴

 唄:音丸 制作:昭和25年 歌詞

閉じる
港玉野ぶし

1.エエー 宇野と日比とを 両手にだいて
  みなと玉野は みなと玉野は
  ヤンレヤレソレ 色男よ
  ハ ズントヤレ ズントヤレ
  ズンドコナー(以下はやし同じ)

2.エエー 三井造船 るつぼの火より
  胸のるつぼが 胸のるつぼが
  ヤンレヤレソレ なおもえる

3.エエー 浜は渋川 磯なれ松に
  人にゃいえない 人にゃいえない
  ヤンレヤレソレ ことがあるよ

4.エエー 宇野と高松 結び船が
  なぜに結ばぬ
  ヤンレヤレソレ 二人なかよ

「玉野小唄」詳細・試聴

 唄:林 伊佐緒・三門 順子 制作:昭和25年 歌詞

閉じる
玉野小唄

1.ハァー 瀬戸の朝凪ぎ チョイト
  かもめの唄に ソリャサトナ
  明けりゃ玉野は 造船気分
  ひびくクレーンの サテサテ
  ひびくクレーンの意気のまち
  ソレ こられえ玉野は ええところ
  ほんまに玉野は ええところ
  (以下はやし同じ)

2.ハァー 恋の渋川 チョイト
  磯吹く風に ソリャサトナ
  今日も来るかと なぎさに立てば
  誰とねよとの サテサテ
  誰とねよとの 浮根松

3.ハァー 四国通いに チョイト
  想いをのせて ソリャサトナ
  月のデッキに 二人でたてば
  そよぐ潮風 サテサテ
  そよぐ潮風 恋の風

「あかがね音頭」詳細・試聴

 唄:山本勇・平山操 制作:昭和22年

「日比音頭」詳細・試聴

 制作:昭和23年

「正調かっからか常山落城記」詳細・試聴

「正調かっからか武勇のほまれ大槌のおろち退治」詳細・試聴

「正調かっからかお菊明神」詳細・試聴

「正調かっからか獺越哀話」詳細・試聴

「わが町の唄A」詳細・試聴

わが町の唄解説:わが町の唄編集委員会 編集:宮川澄夫 発行:中西昭二
ナレーター岡田節子 録音編集:橋本久夫 制作:昭和58年3月1日

「わが町の唄B」詳細・試聴

わが町の唄お礼の言葉:わが町の唄編集委員会 編集:宮川澄夫 発行 中西昭二
ナレーター:中西昭二 録音編集:橋本久夫 制作:昭和58年2月12日

「田井地踊り(常山落城記・仮萱と石堂丸)」詳細・試聴

録音等コーデネート:中谷幸晴音頭:谷井哲夫太鼓:岡本正弘収録日:S61.7.26