歴史めぐりの旅
ゆったりと歴史をたどる2泊3日のコース。



   
1日目
スタート 高松市・高松港
バス約20分 高松市/平家物語歴史館
(タクシー約15分)

高松平家物語歴史館


平家物語資料館
日本最大級の蝋人形館。日本の歴史にその名を残す、「源平合戦」の主役たちの300体もの蝋人形が迎えてくれます。また、四国が輩出した偉人の蝋人形も展示されています。

所要時間:約60分
料金:大人1200円、中高生800円、小学生600円
閉館:年中無休
<エリアワンポイント>
時間の許す限り、源平の合戦で有名な屋島、全国的にも有名な庵治石の歴史もたっぷり堪能してください。 栗林公園、塩江温泉方面への移動を考えるとレンタカーなど自動車移動もおすすめです。

<その他周辺スポット>
屋島山上
石の民俗博物館
バス約20分 高松市/玉藻公園
(タクシー約15分)

玉藻公園


玉藻公園
JR高松駅から徒歩3分の城跡公園。高松城は日本三大水城の一つ。城と石垣を囲む堀には当時のままに海水が引き込まれています。ゆったりと散策するのに最適です。(また、季節ごとにさまざまなイベントが開催されています。)

所要時間:約60分
料金:大人200円、子供100円
閉館:12月29日〜12月31日
徒歩5分 高松市・JR高松駅
電車約5分 高松市・JR栗林公園北口駅

栗林公園

栗林公園
国の特別名勝、回遊式大名庭園。6つの池と13の築上を配した広大な園内はどこを巡っても、水と緑と石の織りなす風景が一幅の名画を思わせます。

所要時間:約100分
料金:大人410円、小人170円
閉館:年中無休



電車約5分 高松市・JR高松駅
バス約60分 高松市/塩江温泉(高松市内泊)

塩江温泉郷

塩江温泉郷
四国で2つしかない環境省指定「国民保養温泉地」。名僧・行基が発見し、空海が広めたと伝えられる温泉で、1300年を超えて癒しの湯として愛されてきました。
2日目
スタート 高松市/塩江温泉
バス約60分 高松市・JR高松駅
徒歩約5分 高松市・高松港
フェリー約60分 土庄町・土庄港
徒歩30分

尾崎放哉記念館


尾崎記念館
放浪の生涯の中で数多くの優れた自由律じゆうりつの俳句を残した大正期の俳人、尾崎放哉おざきほうさい。この記念館は南郷庵の往時の姿をそのまま復元したもので、放哉ゆかりの文献などが豊富に展示されています。

所要時間:約30分
料金:大人210円、小人100円
閉館:水曜日、12月28日〜1月4日
<エリアワンポイント>
尾崎放哉おざきほうさい記念館のある「迷路のまち」は入組んだ路地をテーマに歴史と現代美術がコラボした注目度の高い散策スポット。 また町内の幅広い観光スポットめぐりは、レンタカー等やバス、自動車での移動をお勧めします。

<その他周辺スポット>
迷路のまち

バス約15分 土庄町/小豆島大観音

小豆島大観音


大観音
ひときわ大きく、やさしいお顔が特徴的な小豆島大観音。中には展望台まで行けるエレベーターがあり、最上階から見る景色は絶景です。

所要時間:約60分
料金:大人300円、小人100円




バス約8分 土庄町/大坂城残石記念公園

大坂城残石記念公園


大坂城残石記念公園
約400年前、冬・夏の陣で落城した大坂城を建築する際に切り出され、使われることなく放置された約40個の残念石のある公園。瀬戸内国際芸術祭2013では、土庄町オリジナルイベントの開催地に予定されています。

所要時間:約30分
閉館:12月29日〜1月3日







バス約23分 土庄町・土庄港
フェリー約90分  玉野市・宇野港(玉野市内泊)
3日目
スタート 玉野市・宇野港
バス約15分 玉野市/八浜町

八浜町並保存拠点施設


八浜町並保存拠点施設
明治初期から昭和初期を中心とする町屋や、土蔵からなる伝統的な町並みが維持されている玉野市・八浜町にある旧藤原元太郎邸を、八浜町並保存拠点施設として保存しています。

所要時間:約60分
閉館:月曜(祝日の場合は翌日振替)、12月29日〜1月3日

<エリアワンポイント>
八浜、宇野港、渋川間の移動はバスが大変便利です。


<その他周辺スポット>
与太郎神社
玉比盗_社
バス約40分 玉野市/渋川海岸周辺

渋川海岸


渋川海岸
「日本の渚百選」、「快水浴場百選」にも選ばれる県下最大級の海岸。白砂青松の美しい海岸線に夏場は多くの海水浴客でにぎわいます。

所要時間:約30分
<エリアワンポイント>
かの西行法師が立ち寄ったとされる渋川海岸には、法師の像と歌碑が建てられています。

<その他周辺スポット>
渋川マリン水族館
バス約20分 玉野市・宇野港
フェリー約20分 直島町・宮浦港
バス約10分 直島町/本村地区散策

町並み散策

>
家プロジェクトのある直島町・本村地区。細い路地裏にたたずむ古民家や古くからの漁港の風景は歩いて散策するだけでノスタルジックな雰囲気になります。古民家を利用したショップや、カフェなども見られます。    

所要時間:約60分


<その他周辺スポット>
直島女文楽


バス約5分  直島町/琴弾地海岸

琴弾地海岸

夏には海水浴客で賑わう海岸。直島の火まつり(花火大会)が開催されるのものここです。海岸線沿いには宿泊施設「つつじ荘」もあり、かつて崇徳上皇が琴を弾きながら詠んだ歌の碑があり、海岸名の由来にもなります。

<その他周辺スポット>
つつじ荘    



より大きな地図で モデルコース1(東備讃瀬戸観光懇談会) を表示